エラー運賃

時々おこる、エラー運賃。
高くなってしまうのではなくて、桁違いに安く売ってしまうのだ。
キャセイがやりましたね。
ビジネスやファーストクラスの200~300マンくらいするのを、10マン以下で売ってしまった。
買った人は当然いるわけですが、エラーなので無効か、、、って思ったら、
有効にしてくれました。
さすがだ、太っ腹。

規定もあるらしくて、値上げしてはいけないとか。。
でもこれが解禁になってから、つまりは、エラーの場合は通常の金額の請求が出来るようになってからは、
飛行機会社はエラーで売ってしまったチケットを正常な金額に上げる事ができるようになりました。

もちろんこれになってから無効と判断された購入者はだいたいキャンセルするらしいけどね。
そりゃ10マン足らずが300マンになったら行けないよね。

だいたいはヒューマンエラーなのだそうですが、買った日知はやきもきするから
やめてほしいよね、こういうの。

エラー運賃をじっさいに見た事はないけど、見たら汗握るな。。
買うかもだね。。
そそいて出方を待つね。。。
ま、キャンセルするけど、もし無効になったら。
300万なんてはらってどこかへ行こうなんて思わないよ。
いくらビジネスやフォースとでも。
エコノミーでいいよ、普通でいいよ、普通の人間なのだし。

このブログ記事について

このページは、えみが2019年6月 1日 16:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「メディテーション」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。