薬剤師になってみて

薬剤師になってもう10年になる。
私は薬剤師になって色んなことが変わった。
薬学生の就職のときが懐かしい。
まず自分に自信がついた気がする。
何でもかんでも人のせいにしてた。うまくいかなかったら
何かのせいにしていた私が変わったのは
メタメタに一年目でプライドを潰されたから。
薬剤師の先輩は本当に厳しかった。
だけどすごく励ましてくれる時もあったし、私のことをちゃんと考えて
物事を伝えてくれていた。
だからすごく私成長できたんだと思う。
何でもかんでも一人で考えることを学んだし、誰かれ構わず相談するということがなくなった。
私はすごくそういう面であってね。それも薬剤師の先輩に飲み会で言われたんだ。
まず自分でじっくり考えるようにしてみたらどうって。
自分の考えをまとめることも大切だよって。
そう言われてわたしなんだかすごく嬉しかったの。
そういう風にちゃんといってくれる人が今までいなかったから。
だから薬剤師になって本当によかったと思う。
今はね。
最初はけっこうもうやめてやるって何度も思ったけど
でもようやく今は落ち着いたのかなって自分でも思う。
はあ・・・私もそろそろ恋愛したいなあ。
その薬剤師の先輩が気になってる時期もあったけど
やっぱり職場恋愛よりも違うところがいいなあ。


このブログ記事について

このページは、えみが2018年7月31日 17:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「マッサージ」です。

次のブログ記事は「カレー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。