看護師の中途採用

看護学生で、最近病院で行われている説明会にいってきました。こういうものと併用で。
看護師として働くことに対して、いろいろな説明を受け時にはちょっと・・・と思うような仕事の内容も聞き、新たに気持ちを引き締めたのですが、その時に新卒と中途採用このふたつの採用があるということも聞いたのです。
ほとんどが新卒ですが、残りの何割かは中途採用でした。
その中で、看護師をしている母親の子が言っていましたが中途採用だと大学病院への移動がかなり難しくなるようですね。
やっぱり新卒のほうが大きなチャンスがあるということでした。
彼女の母親が看護師をしていて、色々もっている情報の中のことだと思うので、嘘ではないとは思うのです。
それに仮に中途採用で大学病院へ行ったとしても、ほとんど看護師としての役割は果たさなくて、使い物にならないということまで話をしていました。
そうした看護師は、自分が仕事をこなしていけないということで1年ほどで辞めていってしまうようです。
看護学校へ行きながら自分を向上させているわけですが、新卒で大学病院へいければいいのですが、その夢を後々叶えさせるということは、話を聞いている限り難しそうですよね。
何でも崎に入ったもの勝ちと言うことでしょうか。

このブログ記事について

このページは、えみが2017年8月 7日 14:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「メガネのあと」です。

次のブログ記事は「毛穴」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。