看護師の向き不向き

子供達がお世話になっている小児科にいる看護師さん。
年齢は60代前半かなぁ~。
とても親切で優しくて、何と言っても点滴が上手いんです。
子供が赤ちゃんの頃からお世話になっているのですが、その看護師さんが失敗したことがありません。
もし、その看護師さんが失敗したとしてもこの人が失敗するなら仕方ないかぁと思ってしまうくらいです。
町の診療所にいる看護師さんほど点滴の上手い人はいませんよね。
私も看護師でありながら先端恐怖症ですから点滴や注射をするのが大の苦手です。
自分にされるのさえも嫌ですからね。
恥ずかしい限りです。
もっと、針を刺すのが上手かったら透析病棟に勤務したかったのになぁ。
あの人でないとって思われる腕っ節があったらってつくづく思いますからね。
看護師として、これは人に負けないものがあるって言うのは武器ですからね。
私には無いんだよなぁ。
って事は看護師に向いてないのかもしれないですね。
自分に向いている職業につける人ってどのくらいいるんだろうなぁ。
その人たちが羨ましく思います。
私に向いている職業って...何だろうなぁ?
今更、他の仕事は出来ないんだけどね。
できることならスポーツ選手になりたいかなぁ?
オリンピック選手とかね~。
超運動オンチの私には絶対にあり得ないことなんですけどね。
看護師としてスポーツ関連の仕事をしたいと思いますね。スポーツ整形とか。(看護師向けの整形外科求人サイトを見つけました)
向いてる職業はわからないけど、看護師が向いてないことは間違いないんだよなぁ。

このブログ記事について

このページは、えみが2014年8月13日 19:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「大学病院と医師」です。

次のブログ記事は「みんな一緒に看護師に!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。