大学病院と医師

普通は大学を卒業して、大学病院に勤めている医師はだいたい3年ほど経ってから他の病院へと出されます。
出された病院が大学病院の関連病院だと、給料も高いとききます。
それに診察にもかなり集中して専念できるようですね。
他の病院とは違うところは他にもありますが、数多くの臨床経験ができるということも魅力なのではないでしょうか。
若い医師には、すごく勉強になると思います。獣医の病理関係の求人でも同じことがいえると思います。
ここの病院が気に入ったという医師では、そこの病院に完全に就職してしまうこともあるようです。
また、他の病院に勤めていても10年以上のキャリアがあるといった医師ならばそこの病院に永久就職をする医師もいるわけです。
こうした医師たちに対しての待遇は、他の医師に比べたらかなりいいように聞きます。
医師の中にも色々なランクがありますが、患者がわからしてみたら、親身になってくれてさらに腕も良い医師が一番いいに決まっていますよね。
またそうした医師がいる病院は、自然に活気付いていると思います。
医師という仕事の大変さも、調べてみると色々わかるものですが頭の良さは流石だなと痛感しました。
 
 

このブログ記事について

このページは、えみが2014年8月12日 15:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「悪化する景気に多々ある制度」です。

次のブログ記事は「看護師の向き不向き」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。